一人暮らしデビュー

今年で私は27歳になりました。そんな私の一人暮らしデビューは24歳の時でした。 私は生まれてから大学卒業までずっと実家ぐらしでした。 大学までは電車で1時間30分前後もかかるというのに、実家から通学することにこだわりました。 単身引っ越しが大変だし、何より一人で暮らすことに多少なりとも不安があったんだと思います。 大学卒業と同時に社会人になり、会社の規則により社宅に入ることになり、 それが私の初一人暮らしとなりました。

引っ越し作業は一日で終わらせるため、両親や兄弟にも手伝ってもらい何とか作業が終了しました。 荷物もまとめる作業をしていて気付いたのですが、思った以上に荷物が少ない事に驚きました。 実家での生活だとたくさんの物を利用していたのに、最小限に抑えようとして荷物をまとめていたら、 ほとんど物がなくても生活できる自分がいました。 それだけ、今の世の中が便利になったのだと改めて実感しました。

外食ばかりでは体調不良を起こしかねないので、自炊するための道具ももちろん持ってきました。 自慢ではありませんが、洋食屋で2年アルバイトをしていた経験がありますので、 それなりの料理も作ることができます。 楽しく一人暮らしができそうだと胸躍る自分がいました。 今では、妻がいて子供もいます。

もちろん、当時の社宅では狭すぎますので、 引っ越しをして新たな場所での生活を迎えています。 今思い返せば、一人暮らしというのは自分の生活を見直すきっかけにもなっていました。 食生活や親のありがたみ、加えて家事の大変さやお金の管理の重要性など、 あらゆる部分で勉強になりました。 いつか私の子供も一人暮らしをする年になります。 私と同じように多くのことに気づき、成長していってほしいです。

20代のころの一人暮らし

20代前半のころ、自分の意思で一人暮らしを始めました。 とにかにやってみたかったの一言につきます。 なんにも自分の武器になるものなんか持ち合わせていなかったあの頃。 よくもまあ、そんな勇気があったものだな、と今となっては感心してしまいますが(笑) 一人暮らしって、全て時間が自分の好きなように使えてうれしい反面、自分に甘い人にとっては、 自分を堕落させてしまうようなことにもなり兼ねないことだなと思います。

だって、誰が見ている訳でもないから、毎日コンビニのお弁当でも誰にも何も言われないし。 部屋がどれだけ散らかっていたって、かまわないし。 好きなだけ夜更かしできるし。(私はしなかったけど)男の子と同棲しちゃうことだって可能。 結局は、自分をどれだけ大切にしているかが問われるのが一人暮らしのような気がします。

自分を心から大切に出来る人でないと、自分の食生活をしっかり考えたり、 朝早く起きて自分の健康の為にお散歩をしたりなんて。まずは考えないでしょうからね! 20代の頃の私は、本当にダメダメ生活を送っていたなと思います。 好きなコンビニお弁当に好きなスイーツ。 大好きなジャンクフードにスナック菓子を夜中にボリボリ!あ~。

足を踏み外さなかっただけ良かった(笑)今の私だったら、 きっと一人暮らしをエンジョイできるでしょうけれど。 今は主人と二人の子持ち(笑)自由になる時間なんて本当に限られてしまいます。 いつか歳をとって、子供が結婚してからじゃないと、 そんな自由な時間はもうやってこないのだろうな!一人暮らしに心から憧れる私なのでした。

一人暮らしでのつらいところ

一人暮らしは自由、というイメージも強く、実際に一人暮らしをして6年目になるが、 このイメージは大筋正解であると考えられる。 しかし、その自由の裏にはなかなか不自由なこともあるのが実際のところである。 まず、当たり前のことであるが、すべての家事を自分ひとりでしなければならない。 炊事、洗濯、掃除、公共料金の支払いなど、 日本でどこかしらに定住しようとした場合そこに付きまとう作業というのは案外多いものである。

食事に関して言えば、料理が大好きでたまらないという人には関係ないかもしれないが、 毎日毎日自炊をするというのはなかなか労力の要るものである。 食事を作るだけでなく、買出し、料理、そして片付けなどの作業が必要になる。 掃除も汚くてよいとは言ってもなかなか定期的に取り組むというのは時間的なコストが高い。

あと、家族と一緒に住んでいるときにはほとんど意識することのなかった 公共料金の支払いなども面倒である。 今は口座引き落としが出来るようになっているが、 大学時代に一人暮らしを始めた頃は口座にお金が常にあるというわけでもなかったので、 毎回コンビニに払いに行っていた。 一番困ったなぁと思ったのは、体調を崩したときである。

正直何も出来なくなる。 食事を作ることも出来ず、やっとの思いでコンビニに飲み物を買いに行くというので精一杯である。 誰かいてくれればと私も数回一人暮らしをしているときに体調を崩したが、 毎回かなりつらい思いをする。 精神的にも家に一人でうなされているというのはしんどいものである。